困ったときは(故障かなと思ったら) | サービス

エコグラフが表示されません。ページの閲覧ができません。

エコグラフが見えない、またはページの閲覧ができない場合は、以下のご確認・設定をお願いいたします。

(1)ブラウザの設定でJavascriptを有効にしてご利用ください。
(2)Internet Explorerをお使いの場合は、32ビット版で閲覧ください。
(3)Flash Playerをインストールの上、有効にしてご利用ください。
(4)Flash Playerにて「情報の保存」を許可の上、ご利用ください。
(1)〜(4)で状況が改善されない場合は

(1)ブラウザの設定でJavascriptを有効にしてご利用ください。

Javascriptが無効になっていると、エコめがねにログインできません。
また一部ページ・コンテンツの閲覧ができない場合がございます。

ご利用ブラウザのJavascript設定の調べ方

Internet Explorerをお使いの場合

  1. [ツール] メニューから [インターネットオプション] を選択します。
    Internet Explorerのインターネットオプション
  2. 「セキュリティ」タブの「インターネット」を選択し、「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックしてください。
    Internet Explorerのインターネットオプション
  3. 「設定」のリストから「スクリプト」の「Javaアプレットのスクリプト」と「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックを入れてください。
    Internet Explorerのインターネットオプションのセキュリティ設定
  4. 「OK」ボタンを押して、変更内容を保存してください。
  5. Internet Explorerを再起動してください。

Google Chromeをお使いの場合

  1. ウィンドウ右上のをクリックの上、「設定」を選択してください。
    Google Chrome設定メニュー
  2. 設定画面が開きます。画面下方にある「詳細情報を表示」をクリックしてください。
    Google Chrome設定画面
  3. 「プライバシー」設定の項目が出てきますので、「コンテンツの設定」ボタンをクリックしてください。
    Google Chromeプライバシー設定画面
  4. 「Javascript」設定の項目が出てきますので、「すべてのサイトで Javascript の実行を許可する(推奨)」をチェックして、「完了」ボタンをクリックしてください。
    Google Chrome Javascript設定画面

Firefoxをお使いの場合

FirefoxのJavaScript の有効設定方法については、Firefoxのサポートページ(外部サイト)を参考にしてください。

Safariをお使いの場合

  1. [Safari] メニューの [環境設定]を選択すると、設定のウィンドウが開きます。
    Safariの設定
  2. 「セキュリティ」タブをクリックして「JavaScriptを有効にする」にチェックを入れてください。
    Firefoxの設定

(4)Internet Explorerをお使いの場合は、32ビット版で閲覧ください。

Internet Explorerの64bit版をお使いの場合、エコグラフの

  • 発電電力量
  • 消費電力量
  • 待機電力量
に異常値が表示される場合があります。

お手数をおかけいたしますが、下記の方法を参考に、32ビット版のInternet Explorerで閲覧いただきますようお願いいたします。

  1. スタートメニュー > すべてのプログラム が表示されます。
  2. 「Internet Explorer(64ビット)」と「Internet Explorer」の2種類がありますが、「Internet Explorer」の方を立ち上げてご利用ください。
    Internet Explorer

(2)Flash Playerをインストールの上、有効にしてご利用ください。

Flash Playerがインストールされていないか、バージョンが古いと、マイページなど一部ページの閲覧ができません。
下記より最新版のFlash Playerをダウンロード・インストールの上、ご利用ください。

Adobe Flash Playerのダウンロード

(3)Flash Playerにて「情報の保存」を許可の上、ご利用ください。

「エコめがね」では、お客様の利便性向上のため、エコグラフ閲覧の履歴を保存しています。
情報の保存がブロックされていると、エコグラフがご利用いただけませんので、下記の設定方法で「情報の保存」を許可の上、ご利用ください。

  1. 「エコグラフ」の上で右クリック(Macの場合は『Control 』キーを押しながらクリック)し、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)の中から『グローバル設定...』を選択します。
    Flash設定画面
  2. 下記のようなアラートが出る場合は、『許可する』をクリックしてください。
    Flash設定画面
  3. 『記憶領域』>ローカル記憶領域設定を
    『このコンピュータへの情報の保存をサイトで許可』にチェックします。
    Flash設定画面
  4. 設定は以上です。設定ウィンドウを閉じ、ブラウザで「再読み込み」を実行いただくと、エコグラフが表示されます。

状況が改善されない場合は

上記(1)〜(3)のことを確認・設定をいただいても、状況が改善しない場合は、以下の内容をコピーし、メールもしくはお問い合わせフォームに貼付けて、該当の箇所をご記入後、サポートセンターへ送信ください。

1. エラー内容
エラーの内容を貼り付け・ご記入いただくか、画面キャプチャを添付してください。
(画面キャプチャの保存方法はこちらをご参照ください。)
■エラー内容の例
 ・サーバー エラー
 ・404 - ファイルまたはディレクトリが見つかりません。
 ・検索中のリソースは削除された可能性があります。または、名前が変更されたか、一時的に使用不可能になっています。
2. 上記(1)〜(3)の確認・設定
( )済    ( )未
3. ご利用のパソコンのOSの種類
( )Windows 7
( )Windows Vista
( )Windows XP
( )Mac OS X
( )その他( …OSの種類をご記入ください… )
4. ご利用のインターネットブラウザの種類
( )InternetExplorer9
( )InternetExplorer10
( )InternetExplorer11
( )Google Chrome 11
( )Firefox3
( )Safari 7
( )その他( …ブラウザの種類をご記入ください… )
5. インターネットのご利用環境
( )光ファイバー
( )ケーブルテレビ
( )ADSL
( )ISDN
( )モバイル接続
( )その他( …ご利用の種類をご記入ください… )
6. セキュリティソフトを利用していますか
( )している( …セキュリティソフトの種類をご記入ください… )
( )していない

画面キャプチャの保存方法

Windowsの場合
  1. キーボードの「Print Screen」のキー(キーボードの右上近辺にあります。「PrtScn」等、略して書いてあるキーボードもあります。)を押します。
  2. 「スタート」ボタンをクリックし、「すべてのプログラム」>「アクセサリ」>「ペイント」と選択すると、ペイントが起動します。
  3. 「貼り付け」を選択すると、画面キャプチャが貼り付けられますので、名前を付けて保存してください。
Macの場合
「コマンド(command)」キーと「 Shift」キーを押しながら「 3 」を押すと、スクリーンショット(XXX).png というファイルがデスクトップに保存されます。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0800-200-4455
受付時間 10:00〜19:00 通話料無料

年末年始・夏季休暇等の当社指定休日は除きます。
詳細につきましては、お客さまサポートセンターまでお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

翌営業日以降にメールでご回答します。