節電をたのしむヒト・たずねある記 あそびコゴロと節電と。

節電を実行に移すための切り口は、360度いろんな方向からの進め方があるけれど、 どんなアクションでも、基本は辛いのを「無理にがまんして節約する」のではなく、 「いらない(使わない)から節約する」気持ちが大切、という黒谷さま。
第3回目は、電気設備の節電のポイントや人気の太陽光発電についておうかがいしました。

黒谷さま

今回おうかがいした方

神戸市垂水区在住 黒谷さま

阪神大震災で被災された体験を修学旅行生などに話し伝える「語り部」として活動中。一方で経済産業省・省エネルギー普及指導員として、国や地域のエコ活動の普及・推進にご活躍されています。

使わないところは、主電源OFF。またはコンセントを抜いて節電。

洗濯機は、使い終わったらスイッチ付コンセントの電源をOFF。 トイレも、暖房便座は一年中コンセントを抜いて、 代わりに便座カバーを付けて、寒い冬場はフタを閉めるようにしています。
照明については、ワット数を落として、細型のものに換えています。 あかりは、絶対にいる部屋だけしかつけませんね。誰もいない部屋にあかりはいらない。 家電製品も含めて、必要がないならこまめに消す。これが節電のポイントです。

スイッチ付きコンセントの電源をOFFにしたり、暖房便座をやめて便座カバーにすることで節電できます

冷凍室ギッシリ、冷蔵室スッキリが、冷蔵庫の基本。

冷蔵庫の冷凍室は、氷などで満杯にしておくと庫内の温度が上がりにくく、 反対に、冷蔵室は食材のすき間を多めにとってやると、冷蔵効率が 上がるので節電になります。
また、あらかじめ食材や調味料の仕舞う場所を決めておけば、扉を開ける時間も少なくて済みます。 庫内の温度設定も、夏は「中」、冬は「弱」など、季節ごとにこまめに切り替えるようにすれば、さらにいいですね。

冷凍室ギッシリ、冷蔵室スッキリが、冷蔵庫の基本。

太陽光発電でほくほく。防災にもつながる。

image

太陽光発電については、今月( 2011 年6 月) は去年よりも天気が悪かったけれど、約9000 円返ってきました。まだ「赤字」にはなったことないですね。
今年の4 月は、昼間いないことが多かったので、約15000 円ぐらいになりました。何もしないで入金があるというのは、すごい素敵なことですね。 それに、自宅で電気がつくれるということは、防災の備えにもつながると思います。

 

太陽光発電は、楽しておトクで、停電時など防災の備えにも

雨水も無駄なく活用。緑のカーテンで暑さしのぎ

直伝とってもエコ!ホコリがたまっても、いきなり掃除機をかけないで

  1. 水で湿らせた新聞紙に
    ホコリをくっつてけてとる

    茶殻をまいて
    ホコリをくっつけながら
    ほうきで掃きとる

    粘着式の
    お掃除ローラー
    も効果的

  2. 仕上げに掃除機をかければ、節電効果アップ!!
    吸引パワーは「中」でじゅうぶん!「強」運転の約半分の電力でキレイに!

節電のポイント