節電をたのしむヒト・たずねある記 あそびコゴロと節電と。

「もったいない使い方はしない」をモットーに、そして、深夜電力契約(オール電化) にあわせたユニークな「早寝早起き」ライフを満喫されている石塚さま。 無理なく無駄なく節電を楽しまれている暮らしの達人に、はじめてでも できる節電のポイントをおうかがいしました。

石塚さま

今回おうかがいした方

滋賀県大津市在住 石塚さま

たくさんの小鳥たち(最高齢は何と15歳!)と一緒に、エコライフを満喫中。山紫水明の地の利を活かし、自然の恵みをたくみに採り入れ、さらに太陽光発電の恵みも受けながら、節電・節約ライフをたのしんでおられます。

床暖房と遮断ガラスで、冬もあったか

床暖房は二面に分けて温度調節できるので、使っている部屋のヒーターしか暖めないようにしています。それでも寒いときには、ひざ掛けを使って。エアコンは、よほど寒くないと使わないですね。でも、暖房は床暖房よりエアコンの方が電気代が安いので、寒いときはまずエアコンで暖めてから、床暖房に切り替えたりしています。床暖房使用時は乾燥するので、サーキュレーターや加湿器を使ったり、洗濯物を部屋干しして湿度を補ったりもしています。

あと寒さ(暑さ) 対策として、窓のほとんどを二重の遮熱窓にしました。 これだと冬は熱が逃げにくく、夏は熱が入ってきにくいんですよ。 ここは高台で日が差し込むので、早めに雨戸をあけて太陽熱を取り込むようにもしています。冬の夜は、窓にアルミ製のパネルをマジックテープで貼り付けて、カーテンも閉めて保温性を上げて。いろんな方法で節電できるように工夫しています。

床暖房と遮断ガラスで、冬もあったか

最新機器に換えるのも、節電の方法

わが家のトイレのあかりは、人感センサー付きにしてうっかり消し忘れることがないようにしています。しかも1F は、トイレから出てドアを閉めるとあかりが消えるタイプなので、閉めてもしばらく点灯しているセンサー付きよりも、さらに節電効果が高いので助かっています。

人感センサー付きの照明で節電

玄関の電気も電池式のセンサー付きLED に換えました。LED だと消費電力は5-7W くらいですかね。白熱灯で30-60W くらいだから、結構節電ですよ。階段も5W のLED に換えたんです。洗面所も廊下も、換えられるところは全部。これで、かなり消費電力は抑えられていますよ。

白熱灯をLEDに換えると、消費電力はかなり抑えられる

電力簡易測定器とタイマー付きコンセント

直伝とってもエコ!食器洗い乾燥機の前に「漬け置き」

  1. 洗い物は、まず、水に漬け置きする。
  2. 約30 分たったら、食器洗い乾燥機にかける。
  3. 軽く「漬け置き洗い」してから食器洗い乾燥機を使えば、節水でき、洗剤のムダも省けます。

節電のポイント